利用料金について

サインする

レンタルサーバーとクラウドは、他社の所有するサーバーにシステムを常駐させる事で、管理を含めた委託を行う事を目的としている。
レンタルサーバーは1台のサーバーに定められた資源を割り当てて、システム動作を賄う形態だ。
最初から使われるパワーは決定しているので定額制である。
それに対してクラウドは複数の仮想化したサーバーを並列運用する事で、システムを動かすパワーを手に入れる。
必要なパワーは顧客のシステムへの利用率などによって変動するため、定額制ではなく従量制課金が基本になる。
つまりクラウドは料金が変動するので、レンタルサーバーよりも支払い面は不安定である。
しかしそれは数少ないデメリットの一つに過ぎない。
それ以上の利点が存在しているのだ。
利用率の変動に対応するという事は、暇な時間帯は用いるパワーを、最小限に抑えられるという事である。
顧客のシステムへのアクセスは、時間帯によって大きく変わると言える。
例えば日中に利用者が多いシステムなら、深夜帯は逆に利用者が少なくなる。
レンタルサーバーを利用した場合、ピークタイムを安定して乗り越えられるパワーが必要になるので、アクセスの少ない深夜はパワーの無駄遣いが多いと言えるだろう。
それがクラウドだったら深夜は最小限の構成に変じるので、無駄のないパワーの運用が可能になるのだ。
つまり時間帯によって利用率に幅のあるシステムなら、効率性という武器は非常に魅力的なものと言えるだろう。
特にピークタイム以外は暇なシステムなら、利用料金の面でもレンタルサーバーより優っている可能性は高い。
しかしクラウドの運用で魅力的なのは、パワーの効率面や利用料金の見直しだけではない。
それは環境面への考慮についてである。
クラウドはエネルギー消費を最小限に抑えるという意味では、よく取り沙汰されている環境問題への貢献にもなっていると言えるだろう。
社会的な貢献は企業のイメージアップにつながる可能性がある。

オススメリンク

仕事の電話が来る

システムを効率よく運用

近年ではネットワークに依存したシステムが増えているが様々な種類が存在する。
その多種類のシステムから適切なものを選択する事は重要だ。
例えばレンタルサーバーという形態は、ネットワーク接続した1台のサーバーを利用する。
しかし注意しなければならない点は、サーバーの中には多…Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031